ANの文化

ものづくりの楽しさをすべての人へ

ArtifactNoiseのミッション

ArtifactNoiseはものづくりの楽しさを人々へ届けるために結成された技術集団です。私たちの製品でものづくり産業が、教育サービスがもっと活気付くこと目指しています。日本国の戦後の高度経済成長を支えたのは大量の天然資源、広大な土地ではなく、技術者の頭脳、そして技術屋のノウハウです。私たちが世界に唯一立ち向かえる産業で、国をさらには人々の生活を豊かにしていきたい。
我々の間にはチームプレイなどという都合の良い言い訳は存在せん。あるとすればスタンドプレイから生じるチームワークだけだ。(出典:攻殻機動隊1)
この言葉は私たちの好きな台詞のひとつです。技術屋に必要なのは卓越した技術であり、それぞれの得意分野を引き立てあい、伸ばしてゆく思想が、ArtifactNoiseという集団を形作っています。

ArtifactNoiseの名称

ArtifactNoise(アーティファクトノイズ)また略称であるANは人工的な雑音という意味の造語です。 私たちは、「人間は人工的な刺激の中で雑音という反対の刺激を求めているのではないか」という考えをもってこの名をつけました。現在、非常に多くのデジタル機器が有る中、それでもアナログの音が好きだという人もいます。私たちは好まれる要素と好まれない要素をバランスよく取り入れ、生活に調和をもたらす心地よいサービスをしていきたいと考えています。