The picture is taken at DMM Akiba We are Artifact Noise
DMM.make シェアスペースAKIBAにて記念撮影...

詳細ページ

DMM.make シェアスペースAKIBAにて記念撮影close

2015年8月14日

高校時代の部活の延長線上から抜けだせないまま活動を続けてきたArtifactNoiseですが、いままでやり散らかしたプロジェクトを整理して新たなプロジェクトに取り掛かっていきます。あくまでも最終目標は○○を普及させること。今回は話題のDMM.makeAKIBAシェアスペースを借りて活動をすることにしました。さて、会議室を借りたらなぜか一番大きな「ジャッジルーム」を借りられたので、まずは1時間ほど遊んでしまいました。ごめんなさい。4Kプロジェクターにパソコンをつないでロゴを表示し記念撮影しました。本当に無駄遣いしてすみません。この部屋だけではありませんが、工場も含めて設備総額は5億円。アキバのビルの中とは思えない設備の充実感です。この施設があると「あれがない、これがない」ともう言い訳できません。活動しなければならないのです。ANの標語である「ものづくりの楽しさをすべての人へ」の精神を体現したかのような施設。もっと楽しさを伝えていく次第であります。(by コシミズ)

Scientist Kitagami was on the presentation at Make Fair Tokyo 2015
介護現場を変えるMAKEの力 on MFT2015...

詳細ページ

介護現場を変えるMAKEの力close

2015年8月1日、2日

その時、Makerにできること。

ある日、父親が脳卒中で倒れ、命に別状はなかったものの要介護になりました。介護はとても大変です。共働きの母親は父親を一人家に残しておくのがとても心配でした。また、父親も一人で家の中を動かなければなりません。そこで、MAKERである自分は、立ち上がりました。そうです。趣味で遊んでいたRaspberry Piがあるじゃないか! 介護現場での問題をMAKE力で解決していく作品を展示する予定ですw

The original device provides temperture and humidity to the web.
温湿度センサーで何をする? Elpis技術を使ってできること。...

詳細ページ

温湿度センサーで何をする? Elpis技術を使ってできること。close

2013年7月〜現在

Elpisフレームワークを一行で説明すれば、「ハードウェアをWebAPIとして扱う事が出来るフレームワーク」になります。また、『Elpisとは、ハードウェアをWebAPIとして提供するサービスプラットフォーム』と言う表現も正しいかもしれません。Elpisの語源は、ギリシャ神話にでてくる禁断の箱”パンドラ “に残された希望という名です。 私たちは度重なる難解なシステムを開発してきましたが、その度に私たちは暗闇の中を手探りに探し、非常に苦労しました。 そこで私たちは神話のElpisの名の通り、システム開発の上で希望の光になるべくElpisフレームワークの開発を行っております。

Intel's Edison board is so grate that we are working on a project
Edisonと博士「Edisonを使ってできることの大研究」...

詳細ページ

Edisonと博士「Edisonを使ってできることの大研究」close

2014年10月25日〜現在

イタリアから突然始まったArduinoブーム、Makerムーブメントは小型コンピューターブームを巻き起こし、ついには半導体大手のIntelが小型コンピューターに参入してきました。そのエジソンを使ってできることの研究を進めています。詳しくは博士のページを御覧ください。https://nonnoise.github.io/Edison/

Picot is a stuffed bear powerd by Rasberry Pi
僕はピコット あなたにテキストメッセージを送ってあなたを起こします....

詳細ページ

僕はピコット あなたにテキストメッセージを送ってあなたを起こします.close

2013年11月3日、4日

Make Fair Tokyo 2013 科学未来館にて(代理展示)

Piccot 〜未来のぬいぐるみ〜
高性能なカード型PC”RaspberryPi”と、何処にでもある一般的な”ぬいぐるみ”を組み合わせた次世代ぬいぐるみの実験的アプローチです。ぬいぐるみが持つ”可愛らしさ”、”落ち着き”、”癒し”と、カード型PCが得意とするネットワークを活用した、”コミュニケーション”、”気軽さ”、”動作”を組み合わせた提案です。コンセプト「あの頃、大好きだったぬいぐるみに、プログラムと言う心を入れ。再び話し合いましょう」そんな未来を想像しながら作りました。

Maid service with today's technology changes the world. Scientist Kitagami is on the special studies of MOA, Maid Oriented Architecture.
メイド指向アーキテクチャによるシステムプラン...

詳細ページ

メイド指向アーキテクチャによるシステムプランclose

2013年5月13日、14日

もし自分の家にメイドさんがいれば、どんなに楽な生 活が出来るか考えたことがあるかと思います。私たち はメイドをハードウェアで再現し、私たちの生活をよ り快適な方向へを導くために活動しております。 今回発表します、メイド指向によるシステムは、実際 の家庭にある電化製品を使い、家電を組み合わせるこ とで擬似的に家庭環境内にメイドさんがいるようなシ ステムを発表したいと思います。

We tried to use our skills for a single service. Tocun and Print suggests a new style of Ads.
Touch and Printing System 「新しいタッチの形、新しい広告の形」...

詳細ページ

Touch and Printing System 「新しいタッチの形、新しい広告の形」

close

2010年8月8日

Prosume on 筑波大学

みなさんがお手持ちのSuicaやPASUMOを使ったデモを行います。 デモにご参加頂いた方にはポストカードをその場でプレゼントいたしました。

私達よりも詳しくご紹介頂いた記事はこちら

消費者自身がほしいものを開発! 町の発明家か? 新たな「ものづくり」のスタイルか? ―― PROSUME 2010Tech Village編集部

●Suicaタッチで表示,ブザー,印刷を同時分散制御

ArtifactNoiseは,SuicaやPASMOでタッチすると,「カードのIDを読み取る」,「LCD(キャラクタ液晶)にIDを表示する」,「ブザーを鳴らす」,「プリンタからIDを含んだ招待状を印刷する」という動作を,それぞれLANケーブルを介して行うシステム「Touch & Printing Systems」のデモンストレーションを行った(写真2).各機能および中央制御装置にそれぞれR8Cマイコンが搭載された基板を用いて,相互に通信,制御している.基板同士の接続にはLANケーブルを用いているが,実際にやりとりしているのはRS-232-Cの信号である.

メイド家電の製作 at MTM05 & MFT2012...

詳細ページ

メイド家電の製作 at MTM05 & MFT2012close

仕事や学校で自宅に到着する時間もままならず、突然の誘いで自宅で食事しないこともある。誘惑に負けて外食してしまうこともある。せっかく用意した炊飯器のご飯を放置するのはもったいない。ご飯を炊くか、炊かないかを帰宅30分前に決めたい! そんな思いから開発した外出先から炊飯器の予約時間を変更できるネットワーク家電の展示

創造せよ! PANDORAキット since 2008...

詳細ページ

創造せよ! PANDORAキット since 2008close

2008年11月8日

創造せよ! PANDORAキット

自作基板によるパンドラシステムの解説及び 実機でのデモンストレーション。MIDI音源に よる画期的な演奏をやりたいと思っています。 私たちArtifactNoiseはものづくりの楽しさを 人々へ届けるための技術集団です。私たちの 作る製品でものづくりがもっと活気付くこと を夢見て日々開発をしています。パンドラ キットとはシステム開発をより効率的に、す ばやく、そして楽しくするために開発された キットです。(屋内展示)

2009年5月22日、23日

パンドラプロジェクト on MTM03

ArtifactNoiseはMTM02で発表した 「パンドラキット」に引き続き、MTM03で はさらに完成度を高めたシステムデザイン ツール「パンドラシステム」を展示します。 このツールを活用することで一体、何ができ るのか、何を創造できるのかその一部をご紹介いたします。 Make the future with Pandora system. あなたのアイディアを形にできるのは「パンドラシステム」です

2009年11月22日、23日

ハードウェアとWEBアプリが織り成す近未来ライフ スタイル

展示:ウェブとハードウェアのシームレスな連携する 事により表現できる近未来のライフスタイル。電光掲 示板と温度センサー、RFIDカード、音声出力モ ジュールなどの複数の機器を同時にWEBに接続。これらを可能にするPandoraKit-ver2.0 & N@Viver1.0の紹介。

subjectもっと詳しく